« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »

2007.03.07

平成19年さくらの開花予想(第1回)

気象庁HPに、2007年のさくらの開花予想が掲載されました。東日本・西日本では平年より早い地点が多い見込み、らしい。
最も早いところで、3月13日(静岡)。これは平年より15日もはやい開花、だとか。
東京は、3月18日の予想、らしい。

で、「さくらの開花」の豆知識
------------------------------------------------------------
・さくらの開花は、一般的に気温が高いと早まり、気温が低いと遅くなる。
・開花とは、花が5~6輪開いた状態のこと。
・満開とは、花芽の約80%以上が開花した状態のこと。
・「平年並」とは、平年値(1971年~2000年の30年間の累年平均値)との差が2日以内、「早い」とは平年値より3日以上早く、「遅い」とは平年値より3日以上遅いことをいう。
・さくらの開花は、一般的に標高が100m高くなるごとに約2~3日遅くなる。
・開花予想は、各気象台や測候所の定めた標本木を対象としたもので、名所の開花とは異なることもある。
------------------------------------------------------------
らしい。

さくらの開花予想(第1回)(北陸、関東甲信、東海、近畿、中国、四国、九州):気象庁

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年4月 »