« 2004FIA世界ラリー選手権第5戦「キプロス・ラリー」 | トップページ | お知らせ(LIVEカメラについて) »

2004.05.12

「PSP」の実体

ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)は12日、携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」を発表した、らしい。どうにか、今年のクリスマスには間に合いそうな雰囲気。価格は後日。

PSPは、「Universal Media Disc(UMD)」と呼ばれる最大容量1.8GBの光ディスクを採用した携帯型ゲーム機。4.3インチ(480×272ピクセル)ワイドスクリーンTFT液晶を採用。大きさは170mm×74mm×23mm。重さは260g。操作ボタンは、「プレイステーション」や「プレイステーション 2」のデザイン。内蔵ステレオスピーカー、外部ヘッドフォン・マイク・コントローラーが接続可能な一体型端子。IEEE 802.11b、USB 2.0ポート、メモリースティックPROデュオ対応スロット。

ゲーム以外に映画や動画などといったコンテンツも再生できる、とか。どうやら「FMチューナー内蔵小型テレビチューナーモジュール」は入っていないようです。

で、肝心の「バッテリー」はどれだけ持つんでしょう?

携帯型ゲーム機「プレイステーション・ポータブル」(PSP)商品発表:PDF

|

« 2004FIA世界ラリー選手権第5戦「キプロス・ラリー」 | トップページ | お知らせ(LIVEカメラについて) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「PSP」の実体:

» PSPとNintendoDSの略称を考えてみる [ゲーム屋ケンちゃん]
新ハードが出るたびに行われる恒例の行事ですが、 今回は2台のハードを考えなきゃいけませんね。 ではPSPから。 そもそも「PSP」が略称なんで、正式製... [続きを読む]

受信: 2004.05.12 15:58

« 2004FIA世界ラリー選手権第5戦「キプロス・ラリー」 | トップページ | お知らせ(LIVEカメラについて) »